至福の時間!手作り炭酸パックでお肌にご褒美!

炭素美容を取り入れようと思うと気になるのがお値段です。炭酸美容は今注目されており、炭酸入りの化粧品はいろいろと発売されています。しかしどれもやはり高価なものです。お肌にとって炭酸は素晴らしい効果があり、ぜひ取り入れたいところです。

そこでおすすめしたいのが炭酸パックです。

もちろん市販の炭酸パックも販売されていますがどれも高価なものです。炭酸の効果を十分発揮できるように作られており、もちろんいいものなのは確かです。

炭酸パックは簡単に自分でも作ることができるため、市販のものと併用して使うのがおすすめです。また安く作ることができるため、顔以外の全身に使用してもいいでしょう。

では作り方です。必要なものは炭酸水、重曹、クエン酸の3つだけです。まずは重曹とクエン酸を同量、ボールに入れます。それに炭酸水を適量加え混ぜあわせます。すぐにシュワシュワしてくるので、これをお肌に乗せればOKです。

この方法がとても手軽に低価格で作ることができますが、パック自体に粘り気がなく、長時間パックするのが難しいのが難点です。

そんな人はグリセリンとキサンタンガムを加えて粘り気のあるパックを作るのもおすすめです。まずはグリセリン5gとキサンタンガム1gを混ぜあわせます。キサンタンガムが粘りのもとになるため、もっと粘り気が欲しい人は量を調整してくださいね。そこにクエン酸3g、重曹5gを加え混ぜます。さらに炭酸水を加えて完成です。

さらにヨーグルト炭酸パックもおすすめです。ヨーグルトは保湿と美白に優れており、炭酸と一緒に使うと相乗効果が望めます。ヨーグルト大さじ1とはちみつを少量加えます。はちみつはなくてもいいのですが、はちみつには美肌効果があるのであれば入れるといいでしょう。ヨーグルトに小麦粉を適量加え粘り気をつけます。そこにクエン酸、重曹をそれぞれ小さじ1を加え混ぜ合わせ少し放置すると炭酸が発生してきます。炭酸が発生すると量が増えるので、あまり小さい容器で作らないように注意してくださいね。あとはこれを素早くお肌に付けるだけです。炭酸パックは保存できないのが残念ですが簡単に作ることができます。

炭酸はシュワシュワとお肌に少し刺激があるものがあります。使ってみて違和感がある場合は使用するのをやめておきましょう。

パックは肌にとってご褒美のようなものです。普段労わる時間のないお肌を炭酸パックで労わってみてはいかがでしょう。